コシダカが株式4分割+優待拡充でホルダー歓喜

コシダカが株式を4分割し優待も拡充すると発表がありました。いや~、すごい。こういう株を早く持てたら最高ですね。


チャートはこのとおりガンガンあげています。2009年から上昇トレンドで、2016年10月からは角度が高く上昇しています。

こういう状況だとPER100倍くらいいってしまう印象なのですが、コシダカのPERは34倍程度です。平均に比べたら高いですが、この上げ方と成長率で30倍台なら許容範囲です。

主力事業はカラオケとフィットネス

コシダカの事業は、まねきねこのカラオケ、カーブス(フィットネス)、温浴の3本柱。主力はカラオケとカーブス(フィットネス)です。

そういえばカラオケは個人的にとんと行かなくなっているもので、勝手な自分感覚で衰退していない?なんて思っていましたが店舗数も着々と増加中。

年間40店舗くらいずつ増えていて、2017年8月期は499店舗です。今は500店舗を超えていますね。

業績好調

いいですね~。2017年8月期の営業キャッシュフローマージンは16%といい数字です。
1株あたり純資産も年々増えています。

こういう株を早く持ちたいもの。そこで急上昇している2016年10月決算時点を改めてみて今後に活かします。

このグラフのとおり2016年時点で特に各数値のバランスがすごくいいですね。

この決算を確認してから買ったとしても、株価上昇の恩恵を十分受けられています。当時は株価が1750円くらいで、今は7090円。5倍近い上昇です。

決算発表を確認しよう

やはり決算発表をきちんとみていくことです。決算を参考にする買い方といっても、決算前に「上がるだろう・下がるだろう」という売買ではありません。発表内容を確認し、株価ではなくその会社を買うという買い方をしていく方が有益だなと改めて思います。

ちなみに好決算だったから上がるというものではないですし、たとえ上がってもその後下がることだってあります。

あせって掴まず、あくまで好決算を確認して買いタイミングを探ります。とはいってもこれまたそのまま上がることもあるわけです。

ここについては割高かどうかを自分なりに判断し、一時的な値下がりリスクを許容できると判断すれば買いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)